男性

評判が高い自毛植毛とは|効果が高く安心して受けられる治療法

薄い髪の悩みを抱える世代

薄毛の頭部

出産後の変化

抜け毛が増えることにより、トップのボリュームが無くなり、薄毛に繋がりやすくなります。原因には、女性の場合にはホルモンバランスも影響されている場合が挙げられます。特に注意する必要のある出産後は、抜け毛が妊娠前よりも増える傾向にあり、育児との狭間でストレスを抱えることで薄毛が進行してしまいやすい点に注意が必要です。エストロゲンとプロゲステロンは出産後、過剰に分泌されたバランスを正常化させるために急激な減少を引き起こしやすくなり、その変化に対して身体は機能できずに不調を招きやすくなります。特にエストロゲンは髪の毛の成長に欠かせないホルモンでもあり、プロゲステロンは成長した髪の毛を育てるために必要なホルモンです。出産後の抜け毛は時間の経過とともに自然と解消されるものの、改善策としては女性ホルモンと似た働きかけでサポートするイソフラボンを含む大豆製品を摂取することが適しています。

髪への栄養

一般的に中年以降の男女の髪のコンプレックスとして薄毛が挙げられていますが、近年では20代からの薄毛に悩むケースは増えています。20代での薄毛の原因には栄養分が毛髪に行き届いていない点が挙げられています。食事自体が軽いものに変化していたり、短時間で済ませてしまうファストフードやコンビニ食への食生活が特に影響を与えています。脂質が多く、ミネラルや発毛に欠かすことのできないたんぱく質の1種である必須アミノ酸などが不足しやすく、抜け毛が増え、薄毛へと繋がってしまいます。近年、20代から支持されているのがケラチンやミネラルなどを含む食品であったり、サプリメントです。特に大豆食品は人気が高く、豆腐や納豆などはコンビニでも手に入れられる食品で、豆乳も栄養価を高めるために青汁などと組み合わせられており、手軽に摂取できる髪への栄養素として定評があります。